2014年9月26日金曜日

J1 白馬 レポート

(Written by Yoshitaka)

J1雫石以来のJ1レース、白馬大会へ行ってきた。世界戦から帰ってきてからはトレーニングをしつつ、休みも入れるという流れを送ってきた。

コースは今までの白馬のコースとは少し変わっていて、ラダーのある区間や、細かいコーナーを含んだシングルトラック、ハイスピードな下りなど、少しテクニカルな部分が増えていて、ただ力任せに走るだけでは速く走れないコースとなっていた。

前日の試走では新しく追加された区間を覚えるように走り、空気圧を調整しながら走った。今回の空気圧は1,7に設定。もう少し高い空気圧でも良いと思ったが、シングルトラックの中では少し滑ると思った所もあったので低めに設定した。

レース当日の天気は晴れ。空気は少し冷たい感じもあったが、日差しが暑く油断していると脱水症状になりそうな温度だった。日差しもきつくなる中、水を摂りつつアップを開始。最近は30分ぐらいローラーでアップして召集までは会場周りで走るというアップをやっているが、これがなかなか調子良い。

photo by 信州ふぉとふぉと館 


感覚的にはローラーで足を暖めて、外に走りに行って上半身を暖め、体をおこす感じ。いつも通りのアップをして、召集エリアへ。そしてじわじわと汗が出る温度の中、レーススタート。

photo by 信州ふぉとふぉと館

クリートキャッチもうまくいき、良いスタートを切れたが最初の上りで違和感が。アップもしっかりできたのに、体の動きが良くない。いつものように力が出ない状態だった。1周目を終えるころには回復するだろうと思いながら走るが、ペースを保つことはできるが上げることができない。

photo by alioka

レース中盤からは5,6位のパックでひたすら耐えて走ることしかできなくなっていた。

photo by alioka

そして気が付くと残り2周。先頭との差は開き続けていた。せめて5番手に順位を上げようとするが、徐々に離されていって単独6番手に。そして最終周回には後ろから選手が追い上げてきていた。

photo by 信州ふぉとふぉと館

photo by 信州ふぉとふぉと館

これ以上順位を落とすわけにはいかない、そう思いながら走る。足も攣っている中、1度は7番手に下がってしまったが、コース後半の上りで抜き返し、そのままリードを保ってゴール。

photo by 信州ふぉとふぉと館
結果は6位。

今回のレースに向けて、トレーニングは調子良くできていましたが、自分の体は自分が思っているより疲労をため込んでいました。それに気付けなかったことが何より悔しいです。今回厳しい状態の中、改めて自分のバイクの軽さに助けられているのを実感したレースとなりました。

しっかり回復して、調整して次のレースに臨んでいきたいと思います。
今回も応援、サポートありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

Rank Name Team Time
1 平野 星矢 ブリヂストンアンカー 01:32:26
2 小野寺 健 MIYATA-MERIDA +00:00:13
3 斉藤 亮 ブリヂストンアンカー +00:00:44
6 中原 義貴 Cannondale +00:04:28

【使用機材】
フレーム: CANNONDALE F29 Ballistec Hi-MOD Carbon
フォーク: CANNONDALE Carbon LEFTY
クランク: SRAM SRAM XX1
ディレイラー: SRAM XX1 11 speed
チェーン: SRAM XX1 chain
ホイール: ENVE ENVE 29er
タイヤ: MAXXIS IKON TR 29er
ブレーキ MAGURA MAGURA MT-8
ペダル: MAVIC Crossmax SL
サドル: FI`ZI:K TUNDRA 2
ハンドル: ENVE
ステム: レオナルド LEFTY用―20°
ヘルメット: Kabuto KOOFU
シューズ: MAVIC FURY
グローブ: Kabuto PRG-3
アイウェア: kabuto プリマト